不動産担保ローンと対象物件

不動産担保ローンを申し込む場合、所有している物件によっては、融資を受けられなかったり、設定しにくかったりすることもでてくるそうです。

一般的に、不動産担保ローンを組みにくい状況が起こりやすいのは、利用に制限がある物件です。

路地裏に並んでいる家屋や、道路までのアクセスが悪い、農地法で市街化調節区域に設定されている等と、建て直しをする為の条件が悪いと融資額がつきにくいことから、不動産担保ローンでの融資が難しくなってしまうのです。

しかし、悪条件でも、担保となる物件が売却された際に、換金できると判断されれば、低額の融資額ではありますが、貸付を行なうケースもありますから、ABCサニーなどの金融業者に問い合わせてみるといいでしょう。

また、不動産担保ローンでの担保可能な不動産というと、土地や建物のみが対象になっていると思いがちですが、先取特権に該当する樹木や庭木なども対象となることが可能なのです。