不動産担保ローンを利用する時の注意点

不動産担保ローンは、長期間に渡り低い金利で融資を受けられるという特徴をもっていることから、多額に資金を必要とする事業者や自営業者をはじめ、物件を所有している人であれば、まず初めに借入れを検討するローンです。

このように、他の消費者金融や銀行のローンと比べて、メリットが多くあり、リスクが低いと思われがちな不動産担保ローンですが、注意しなければならない点もいくつかあります。

一番に考えなければならないのが、きちんとした返済計画が立てられているかどうかです。

返済計画なしで安易にローンを組み、返済ができない状態に陥ってしまうと、担保である不動産の家や土地を失うことになります。

次に、不動産担保ローンは、不動産の担保としての価値を事前に調査し鑑定や登記をしなければならないことから、他のローンと比べ、借入れまでにかかる費用負担が高くなります。
▼不動産の鑑定に関する情報サイト⇒【不動産の鑑定評価に関する法律 (昭和38年[1963年] 法律第152号)

どのくらいの費用を負担することになるのかをしっかりと調べておきましょう。

This entry was posted on 2014年2月16日, in 必読. Bookmark the permalink.