不動産担保ローンの返済

不動産担保ローンを利用する場合、非常に重要となるのが返済方法を知り、返済計画を立てることです。

金融業者から返済不可能と判断されてしまうと、担保にした不動産や持ち家を失うことになってしまうからです。

また、上手に返済をしていくことで、返済額を減らしたり、返済期間を短くすることも可能となります。

一般的に、不動産担保ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等辺の2つがあります。

前者は、返済期間中、一定の元金と利息の額を支払っていく方法で、毎月の返済額が決まっていますから、支払う側にとって、他の出費等の予定を立てやすくなります。

後者は、元金だけを一定額にするので、支払い当初は利息の部分が多くなりますが、支払い回数とともに利息は少なくなっていきます。

また、資金に余裕がでた際には、繰り上げ返済で元金を減らし、返済期間を短縮することも可能です。

This entry was posted on 2014年2月27日, in 返済. Bookmark the permalink.